スキンケアポケットとは?

世間での人気、流行、実績、効果などをご紹介の根拠とし、にきび、肌荒れ、乾燥肌の改善など、スキンケアに最適なアイテム・予防法をご紹介しております。

  • 海外で人気があり、まだ日本には届いていないもの
  • 一部で話題になりこれから一気に広がりそうなもの
  • しっかりとした実績のあるもの

なぜスキンケア・美肌なの?

基本カラダ全体のことではありますが特にシミ、しわ、たるみ、そして肌あれを気にしている女性・男性は多いです。歳を重ねるに連れ本人の意思とは別に衰え弱っていくからです。

中でも一番表面の部分であり人目にも触れ、お肌の印象でどれだけその人の印象が左右されるかはお分かりだと思います。

肌トラブルを起こしてスキンケアを見直すこともあるでしょう。

男女問わずいつまでもご自分のお肌が綺麗に保たれていれば、それだけで気分がいいものです。

みなさんが何もしなくても永遠に美肌で居られればそんな幸せなことはありません。

しかし残念ながらそうはいかないのが人間のカラダなのです。トラブルが起きてから元のような肌に戻すのには時間がかかります。

いつでも美肌でいるためには、日頃からスキンケアをしておくことが大切なのです。

だからせめて少しの努力、手間をかけるだけで、しっかりとした効果のあるスキンケアに最適なアイテム・予防法をご紹介したいと思います。

スキンケアからの美肌とは?

美しい肌と書いて美肌と読みますが実際の美肌ってどのような肌のことでしょうか?

色白のお肌?ツルツルお肌?なめらか・しっとり?張りのあるお肌?どれも美肌には関係していそうですね!

私が思うに全てを満たしているお肌こそが美肌だと思います。

ではそんな美肌をキープするには?

やはりスキンケアです。 なぜかというと全てが繋がっているからです。 その根本部分の2点さえ意識したスキンケアを行えば必然的にあなたはずっと美肌でいられるはずです。

スキンケアで基本的に意識すればいい2つの事

1つ目に意識すること
  • 毛穴の汚れ、黒ずみを取る
  • ニキビ・フキデモノが防げる
  • 毛穴が小さくなり目立たなくなる
  • ツルツル・すべすべなお肌になる
2つ目に意識すること
  • お肌の古い角質を取る
  • ターンオーバーが正常に働いてくれる
  • 常に新しい表皮に入れ替わることで肌荒れ、乾燥肌が改善される
  • いつまでも若く張りのあるなめらかなお肌でいられる

いかがでしょうか?

たった毛穴の汚れ、黒ずみを取るお肌の古い角質を取るの2点を意識するだけで誰でも美肌になれるし美肌で居続けられると思いませんか。

誰でも美肌をキープできるということは!?

つまり「美肌」とは上で紹介している2点のことをめんどくさい、必要ないと怠った人が多くなり、いつの間にか年齢を重ね気づいた時に周りを見たら、同じような年齢でもキレイでハリツヤのある肌をした方との現実逃避から生まれた言葉ではないでしょうか?

言葉だけであって、上で紹介している2点にさえ気を付けている方からすれば「美肌」なんて普段のお肌のことを指しているだけのことです。

意識、改善すればいいたった2点のことをどうやってキープする?

現在いろいろなスキンケア方法が世の中にはあります。

洗顔器、美顔器、スキンケアパック、化粧水からエステ。

全てにそれぞれの効果があり一概にコレとは決められません。

ですが何よりも大切だと考えられることがお肌そのものの健康状態にあります。

お肌そのものがよりより状態になっていないままスキンケアをしても効果は落ちますし相乗効果は得られないと考えるからです。

そのため当サイトではまずお肌そのものの状態を良くすることをオススメします。

お肌が健康状態になったならば、その状態を維持しつつよりお肌に磨きをかけることで、いつまでも透明感やハリツヤのあるお肌でいられるかと思います。

当サイトの考えるスキンケアについて

1. お肌そのものを健康状態にする
意識すること毛穴の汚れ、黒ずみを落とすお肌の古い角質を取る
これはご自分の手のひらでもできないことはありませんが、なるべくちゃんとした洗顔器を使用し最大限に効果を高めることがいいと思います。 最近の洗顔器は指のひらや手のひらで洗顔した時の10倍から20倍の効果があるとも言われているため、なるべくご使用ください。 またその洗顔器と一緒に化粧水や洗顔料をお使いいただくことでより相乗効果が得られるのでオススメします。
2. 健康状態になったお肌により磨きをかける
ターンオーバーが健康な状態になったお肌は自然に古い角質などが剥がれ落ちてくれるため、美顔器やスキンケアパックをお使いいただいた効果は大きく期待できるものになります。
当サイトではここまでで十分「美肌」と感じられる、見られるレベルになっていると考えますが、よりお時間や金銭的に余裕がある方はエステなどご自分以外のプロの手を借りスキンケアし美肌状態をキープしていってはいかがでしょうか。

肌や体を守るバリア機能のはたらき

潤いと弾力のある美肌にかかせないのが「肌のバリア機能」です。 肌のバリア機能は、紫外線やほこり、乾燥や細菌などの外的刺激から体を守り、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

皮膚は大きくわけて表皮、真皮、皮下脂肪の3層で構成されています。 バリア機能の働きをしているのは表皮の一番上にある角質層で、わずか0.02mmの厚みしかありません。

乾燥による水分量の減少や痒みなどで掻いて皮膚表面にキズができることで、バリア機能は低下します。すると肌トラブルが起きるようになるのです。

バリア機能が低下しておきるトラブルとは?

バリア機能が低下すると外部刺激を受けやすくなるので、細菌やウィルスが侵入してアレルギーを発症することがあります。

また皮膚の表面の角質は水分不足の為にめくれた状態になり、ザラザラゴワゴワした乾燥肌や痒みや刺激を感じやすい敏感肌になります。

間違ったスキンケアが肌のバリア機能を低下させることも

1. 洗顔
ブラシやピーリング剤の使いすぎや、充分に泡立っていない洗顔料でのゴシゴシ洗いは角質層を傷つけバリア機能を低下させてしまいます。また熱すぎるお湯も、必要な皮脂や保湿成分を取る原因になります。
<正しいケア>
こすらずにたっぷりの泡で優しく洗ってから、よくすすぎます。
2. 保湿
洗顔で失われた肌の水分量を補って、乾燥を防ぐことはとても重要です。
ただし化粧水をつけすぎるのはよくありません。
化粧水をつけすぎると角質層は「ふやけた状態」になります。
すると体内の水分が蒸発する際に、化粧水の水分まで一緒に失うようになるのです。
またパッティングの刺激もバリア機能を低下させます。皮膚が薄くなり、赤ら顔の原因になることもあるので気をつけて下さい。
<正しいケア>
化粧水を、手のひらで温めてから顔を包み込むようにしてつけましょう。
乾燥しているなら高保湿のセラミド配合化粧水がおすすめです。
まず500円玉くらいの量をつけ、まだ乾燥している部分があるなら重ね付けします。
肌の乾燥具合は人それぞれなので、手で頬を触って吸い付くのを目安にして下さい。
化粧水が肌になじんだのを確認したら、蓋の役目をする乳液やクリームをつけます。
化粧水の後、すぐに乳液をつけると肌に上で混ざりあってしまうので要注意です。

スキンケアの必要性・大切さ

間違ったスキンケアをしていると、肌トラブルは起きやすくなります。

肌を清潔にしようと洗顔しすぎることや保湿しようと化粧水をつけすぎることが逆に乾燥を招き、肌のバリア機能を低下させているのです。

正しいスキンケアを行えば、潤って弾力があるトラブル知らずの美肌になっていきます。

それには毎日の積み重ねが大切です。

洗顔料と洗顔器の組み合わせ

“インスタの女神”モデルのわたなべ麻衣さん愛用クラリソニック

後藤真希さんの美肌を生むスキンケア・美容法まとめ

後藤真希さんの美肌を生みだすスキンケア・美容法はこれだった!

究極の美肌潤いナイト美容液~ラピエル~

紫外線対策は“塗る”から“飲む”時代へ【ホワイトヴェール~WhiteVeil~】

もうニキビ跡に悩まなくていい!肌にやさしいニキビケア美容液!【パルクレール美容液】

モデル、芸能人もハマったボディクリーム

【2017年】モデルが大注目している美容ケアボディークリーム